1. ホーム
  2. クリニック選びのポイント

クリニック選びのポイント

ウーマン

より良い施術を受けるには

一重まぶたや奥二重がコンプレックスで、毎日アイテープなどを使いメイクで無理やり二重まぶたにしているという方も、多いのではないでしょうか。メイクで二重まぶたを作る方法も良いですが、メイクを落としてしまうと元の状態に戻ってしまいますし、やはりメイクではコンプレックスを根本から解消出来ません。重いまぶたに悩んでいるという方は美容外科で受けられる、二重整形を受けてコンプレックスを解消してみてはいかがでしょう。二重整形を受ければ一重まぶたや奥二重も、ハッキリとした二重まぶたになるので目元のコンプレックスを改善することが可能です。二重整形には大きく分けてメスを使わない方法と、メスを使いラインを形成する方法の2種類があるので、自分に合った施術を選ぶ必要があります。メスを使わない二重整形は「埋没法」という方法で、特殊な糸でまぶたの皮膚を固定して二重のラインを作り出すのが特徴です。自然な二重まぶたにしたいという方や、比較的まぶたの皮膚や脂肪が薄いという方に埋没法は向いているといわれています。メスを使いまぶたを切開しない埋没法は費用もリーズナブルで、両目の施術を行った場合は10万円程度が平均的な費用です。平行二重などハッキリとした二重まぶたに憧れる、まぶたの脂肪や皮膚が厚いという方には切開法という施術法が向いています。切開法はまぶたをメスで切開・縫合することで二重のラインを作り出す二重整形で、半永久的に二重のラインが消えません。ずっと二重のラインをキープしたい、より目の印象を華やかにしたいという場合に多く、切開法が選ばれています。切開法は切開する範囲が5ミリから10ミリ程度と狭い小切開法や、まぶたの余分な皮膚なども取り除きラインを作る全切開法などの種類があり、それぞれ費用が異なります。切開する範囲が狭い小切開法の場合、両目の施術を行った場合にかかる費用は25万円程度、全切開法の場合は少し高くなり28万円から30万円程度が相場です。二重まぶたを形成する美容整形は、ドクターの技術や知識、そしてセンスによって仕上がりが大きく左右されるため、クリニック選びは慎重に行いましょう。二重整形の症例数が多いクリニックであれば、多くの患者さんに施術を行っているためドクターの技術・知識も高いと言えます。また、実際に施術を受けた方の口コミや感想をチェックするということも、クリニック選びにおいて重要なポイントです。そして、実際にクリニックを訪れてみてドクターが信頼できる人かどうか、クリニックの雰囲気なども確認して比較しましょう。