1. ホーム
  2. 二重を自分のものにしよう

二重を自分のものにしよう

医者

埋没法と切開法の内容

現在はメイクツールも充実しているため、簡易的な二重ならメイクで形成できる時代になっています。二重はとても手軽に演出できますが、どうしても自己流になってしまうので、瞼に腫れが現れるなど何かと不具合に関するうわさも聞かれます。しかし、不安を抱きながらももはや手放せないツールとなり、使用し続けている方も多いのではないでしょうか。そういった中にあっては、整形手術という言葉が頭をよぎることもあるでしょう。多くの方はメイクと整形手術の間に一線を設けており、なかなか踏み出しきれない状況にあります。しかし、整形手術の内容も様々で、一般にプチ整形と呼ばれるものなら比較的気軽な姿勢で臨むことも可能です。糸で二重まぶたを形成する埋没法などは、糸を除去してしまえば元の状態に戻すこともできるため、美容整形に縁がなかった方でも気軽に受けることができます。二重整形手術にも、手軽な埋没法から永久的に保てる切開法までいろいろな種類があります。試しに受けてみたいという方、また完全な二重を手に入れたいと考えている方は、具体的な一歩を踏み出してみましょう。埋没法による二重整形では、糸をまぶたの裏側から通して二重のヒダを形成することになります。1点どめから4点どめまで、糸で固定する箇所を選択することができ、固定箇所が多いほど丈夫な二重を形成できます。その中でも、費用や施術の手軽さから2点どめを選択する方が多く、施術メニューの中でも特に人気となっています。費用としては、1点どめ2点どめは、両まぶたで8万円から15万円程で提供されています。3点どめ4点どめとなると、両まぶたで20万円から30万円程かかってきます。頑丈であればあるほど長く維持することができるため、4点どめを選択する方も少なくありません。そして永久的に二重を維持したい場合は、切開による二重整形を選択することになります。切開による手術では、小さい範囲に処置する小切開法と、大きく処置する全切開法が存在します。切開法では、まぶたの余分な脂肪や皮膚を切除して二重を形成するため、永久的な二重が完成します。費用については、両まぶたで25万円程で提供されていますが、まぶたの状態によってはたるみを取る手術と併用することもあります。その場合は、40万円から50万円程の金額が想定されます。しかし、永久的な二重を手に入れることができるため、長い人生を考えれば価格以上の価値を実感できます。費用としても手段としても二重整形にはいろいろな選択肢があるので、二重を完全に自分のものとしたいなら整形手術を考えてみましょう。